和装用バッグの持ち手交換

和装用のかばんの修理をご依頼していただきました。

―Before

持ち手の部分が劣化しぼろぼろになっています。
今回は、革で新しく持ち手を作り直すことにしました。

―After


芯にも革を使用し、厚みなどはオリジナルの持ち手と極力同じようにしました。
いい感じのしっかり感になりました。
表と裏ともに、少しくすんだ金色の革を使用しましたが、
ちょうどかばん全体の色味と合っていて、違和感なく仕上げられたと思います。