かばんの修理をご依頼していただきました。

―Before

元は黒色だったようですが、茶色っぽく色褪せており、ムラもできています。

持ち手の中心部分の縫いがほつれ、革も劣化し中の芯まで見えてきてしまっています。

縁を覆う革も、何か所か擦れて中まで見えてしまっている状態でした。

―After

表面の汚れと染みをクリーニングで洗い落とし、黒色に染め直しました。
元は白色のステッチでしたが、気にせず染めてしまって構わないとのことでしたので、ステッチも含めすべて黒色に染めました。
(ステッチをよけて染める場合は、別途料金を頂戴しております)

持ち手の部分は、劣化していた部分のみ、新しい革で補修しました。
もちろん、持ち手全体を新しく作成し直すことも可能です。

縁の部分も、上から新しい革で覆って補修しました。
(革を覆うほどではないけれど)少し擦れていた部分は、軽くヤスリがけをし、表面をならしておきました。
ガサガサしているのをならすだけでも、見た目は結構変わりますね。


***お知らせ***

靴修理、靴磨きは郵送でも承ります。ご依頼方法はこちらをご覧ください。

クライミングシューズのリソール詳細はこちらをご覧ください。

オンラインショップを開設しました。