鞄の持ち手の芯交換

鞄の持ち手の中に入っている芯が、片方だけ折れてしまった…というご相談。

片方の持ち手がとんがっていますね。
一部分だけ縫いを解き、中の芯を引っ張り出してみると、このような感じになっていました。
よく触れるであろう真ん中の部分が特に硬化していました。
硬くなったところに負荷がかかり、パキッと折れてしまったのでしょうか。
今回は、ちょうどほぼ同じ太さの強化ゴム製の芯に交換しました。(写真上部の白い芯です)
芯を覆う革は、まだ破れたりはしていなかったので、そのまま利用し、縫いを解いた部分は手縫いで縫い直しました。
もちろん、ご希望であれば革も一緒に交換することも可能です。
もう片方の持ち手も、革の上から触ってみると真ん中が硬くなってきており、一緒に交換してしまうのもありかなとも考えましたが、まだ使えないわけではないので、今回はそのままにさせていただきました。
当店は靴がメインのお店ですが、鞄の修理も出来る限り対応させていただきたいと思っております!お気軽にご相談ください。