革の手帳の修理

30年以上お使いで、擦り切れてバラバラになってしまった革の手帳を使えるように出来ないかと御依頼頂きました。
革の擦り切れも激しく、ステッチやベルト、マチも切れてしまっていて、通常であれば、新しい物をご購入頂いた方が良いような状態でしたが、頂き物で思い入れもあり、何とかと言う事で、何とか致しました。
破損したパーツは似た革で造作し、縫える場所で縫い直しまたお使い頂けるように修理致しました。
これは無理かなーと思う物でも、何とかなる物もありますので、一度ご相談下さい。
“大切な物ならば何とか残して使っていけるようにお手伝いさせて頂きます”