脚長差のある方の靴修理

左右で1.5㎝ほどの脚長差がある方で、左右差の調整の修理のご依頼を頂きました。
今までは中にアインラーゲンを入れて調整していたみたいですが、厚みがありすぎて足が本来収まる位置にこないので足にあたり痛いとのことで、ソールで差を無くすことで調整致しました。脚長差を中敷きで調整することは、その靴の木型設定に狂いが出るため、余りお勧め出来ません。オーダーメイド靴で初めから差分の厚みをインソールに加えて製作するのが1番良いとは思いますが、既成靴に補正をするのならばソールに調整を加えることをお勧めします。
その場合、ソールに厚みが出て屈強部の返りが悪くなりがちですが、そうなりにくい修理法で調整させて頂き、出来るだけ歩行を妨げ無いようにさせて頂きます。
今回のお客様は4足お持ちになり全ての靴に同様の修理を致しました。
他店では断られてしまったそうですが、当店はオーダー靴も製造しているので、このような修理も多少得意ではありますので、可能な限りお受け致しますのでご相談下さい。