ローファーのすべり口を補修

REGALのローファーの修理をご依頼して頂きました。

―Before

すべり口の部分の縫いがほつれ、ぼろぼろになってしまっています。
このような場合は、すべり革の修理と同様に、上から革をあてて補修をしていきます。
どうしても補修の継ぎ目は出来てしまいますが、、極力目立たなく仕上がるよう努めます。

―After

いい感じの色合いにまとまりました。
今回の靴のように、表と裏の革の縫い目が見えない仕上がりになっている場合には、
補修の際も同様に、あらかじめ二つのパーツを縫い合わせておいて、クルッとひっくり返してから靴本体に縫い付けることで、元の状態と同様に縫い目は隠れるようにしています。

通常のすべり革・すべり口の修理に比べると、手間がかかるぶん少し料金が高くはなりますが、このような修理も出来ますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。