レッドウィングのクリーニング

こちらのレッドウィングのブーツ…
しばらく履かずに放置していたところ、日焼けのためか、靴の前面の色が抜けてしまっていたそうです。
ベロの部分もくっきりと…
そこまで目立った汚れは無かったので、補色と磨きだけでも良さそうでしたが、お客様のご希望で、クリーニングをした後に全体の補色と磨きを致しました。
ざっくりですが、クリーニングの工程を説明いたします。
まず、レノマットリムーバーで古いクリームや汚れを落とします。
そして靴全体をまんべんなく濡らし、専用の洗剤(サドルソープ)を使って優しく洗います。
洗いが終わった後は、乾燥機で乾燥させます。
また、乾燥と同時にオゾンによる除菌・脱臭も行います。
乾燥が終わったあとの状態です。
油分が抜けてしまっているので、まずはデリケートクリームで保湿をします。
お化粧でいうところの下地づくりです。
色を合わせて補色し、クリームでしっかり油分を補給して完成です。
色合いとツヤが復活して蘇りました!