レザーオールソール

レザーソールの靴(三陽山長)の修理をご依頼して頂きました。

―Before

ちょうど接地面のあたりに、小さい穴が開いています。
このように穴が開いたままの状態で履き続けてしまうと、靴の内部に水が染み込んでしまったりして、傷みの原因となります。
底面に穴が開いた or もうすぐ開きそう…、と気付いたら、早めに修理されることをおすすめします。

今回は、ソールを全て新しく交換させていただきました。

―After

レザーソールの場合、ヒールのトップリフトは革とゴムのコンビのものを使用することが多いですが、
今回はお客様のご希望で、Vibramのゴムのものを使用しました。
こちらの方がすべりにくく、またすり減りにくいので、実用的です。
装飾などは特に必要ないとのことでしたので、ごくごくシンプルに仕上げました。

今回はソールを全交換しましたが、穴が開いた状態でも、すり減った部分を革で補修し、その上からハーフラバーを貼って補強することで、ソールを交換せず履き続けることも出来ます。
ただ、全体的なすり減りが激しかったり、出し縫いの糸が完全に切れている場合などは、新しいソールに変えてしまった方が良いです。
どちらの方法が良いかは、店頭でお気軽にお尋ね下さい。
ご予算や、用途に応じた修理方法を提案いたします。

今回のようなレザーオールソールは、料金が15,000円~、納期は2週間~1か月ほどです。