ムートンブーツのかかとが・・・

ムートンブーツのかかとがぐにゃりとしてしまっています。

ブーツの中に手を入れて触ってみると、かかとには芯もすべり革も無く、ざらざらしている様子。このざらざらのせいで、履くと靴下が汚れてしまうとのことでした。
似たサイズの木型でかかと芯をつりこみ、ブーツの中に入れる前に芯を成形しておきます。
 ブーツの中に入れた後は完全に手探りでの作業となってしまうので、出来る限りその前に準備をしておきます。(実際はもう少し厚みのあるしっかりした芯を作り直しました。)
芯を入れた後は上からすべり革を貼り、もともとある縫い目を利用して縫い付けました。
芯が入ったことでかかとがシャキっとしました!
今回はファスナー等が無いロングブーツのため、すべり革の縫い目からはみ出た革の処理など、ベストな処置ができない部分もありましたが、、、
修理する前よりは快適に履いていただけるのではないかと思います!