パンプスのオールソールと棒市の補修

黒いエナメルのパンプスのソール交換をご依頼していただきました。
―Before
ソールが全体的にすり減っていますが、特にかかとの部分はアッパーの部分まで擦れてしまっています。
このようなタイプのパンプスは、コバが張り出ていないものが多いので、かかとやつま先がすり減ったまま履いていると、このようにアッパーの革まで削れてしまっていることがあります。

今回はかかとの棒市と呼ばれる部分だけ削れていましたが、この部分は、ソールを交換する時ついでに一緒に補修することで、綺麗に補修できます。

薄く漉いた革を上から貼り、ミシンで縫っていきます。
(履き口の部分は一部の縫いをほどいて、その下に革を入れています。)

履き口の部分を縫い直して、棒市の補修は完了です。
ソール交換の時に一緒に補修することで、上から貼りつけた革もソールの間に巻き込むことができ、自然な見た目に仕上げられます。

―After

ソールは、お客様のご要望で、従来のものより少し厚みのあるものにしました。

補修した棒市も、ほとんど違和感なく溶け込んでいる…と思います!