ダンスコ 甲の履き口・かかとの補修

DANSKO(ダンスコ)の靴の修理をご依頼していただきました。

―Before

中古で購入されたとのことでしたが、
甲の履き口の部分がやぶれて、中のスポンジがむき出しになっています。
また、かかとの部分もすり減っていますね。

履き口の部分は、糸をほどいて破れた部分は取り除き、似た雰囲気の革で作成し直しました。
スポンジは特に問題無さそうだったので、そのまま再利用しました。

元の縫い目をねらって縫って、くるっとひっくり返して再び縫います。

―After
 

あまり違和感なく仕上がりました!

かかともゴムで補修しました。
もとのソールのデザインの都合上、どうしても継ぎ目が出来てしまいますが、このようなかたちでよろしければかかとの補修も可能です。

今回のような場合の修理代金は、履き口の補修が4,500円前後、かかとの補修は2,600円前後です。
(同じ靴でも、状態によって料金は前後いたします。ご了承ください。)