スリッポンにストラップを取り付け

こちらのスリッポン、
履いて歩こうとすると、かかとの部分がすぽすぽと抜けてしまって、履きたくても履けない…、かと言って綺麗な状態なので捨ててしまうのはもったいない!なんとか履けるようにしたい…!
というご相談でお持込いただきました。
―Before
実際にお客様に履いてみていただくと、履き口のおさえが効いておらず、かかとの部分も指一本分ほど隙間があいていました。
紐で調節することのできないスリッポンやパンプスなどは、既製品ではどうしてもこのようなフィッティングのお悩みがつきものです。。
今回のような靴でかかとが抜けてしまう場合には、中敷きなどでは調節のしようがないので、ストラップなどを取り付けてかかとが抜けないようにする必要があります。
ということで、似た雰囲気のヌメ革を使用し、ストラップを作成することにしました。
デザインなどはおまかせします、とのことでしたので、極力シンプルに、自然と馴染むようなものを目指して作りました。
―After
ジャンパーホックボタンで簡単に取り外しができ、長さも穴で調節できるようにしてあります。
ストラップを取り付けることで、雰囲気が大きく変わってしまわないか心配だったのですが、お客様に「元からこういう靴だったかのような感じですね!」 と言っていただけて、ほっと一安心です。
かかとも抜けなくなり、これでまた履いていただけるようになりました!