スニーカーのパンク修理

ソールの線に沿ってアッパーが切れてしまっている靴の修理です。

靴のサイズが合っていなかったりして、アッパーに負担がかかってしまうことで、このような「パンク」が起きてしまいます。
今回は、切れてしまった部分のアッパーとライニングの間に薄くすいた革を挟み、ミシンで縫いをかけて剥がれないよう補強しました。
そしてその部分をできるだけ内側(中底とソールの間)に挟みこむようにし、再びソールと接着して完成です。
パンクの度合によって、またお客様のご予算によっては、ミシン縫いをせず接着だけの修理も可能です。