スニーカーのソールの剥がれ

久しぶりにスニーカーを履こうと思ったら、底が剥がれていた…!なんていう経験のある方、少なくないと思います。
スニーカーのソールはほとんどの場合、接着剤による接着によって取り付けられていますが、どうしても経年によって接着力は弱まってきてしまいます。
こちらのスニーカーも、かかとが剥がれ始めています。
つま先のあたりも、剥がれてきています。
白いスポンジの下の黒いゴム部分も、剥がれ始めてきていました。
このように、剥がれ始めに気付いたら、早めに修理に出されるのがおすすめです。
ご自身で市販の接着剤を使って応急処置をするのは、決しておすすめ出来ません。
瞬間接着剤などで無理に接着してしまうと、その後の修理に支障が出ることがあるからです。
剥がれ始めていたのは一部分ですが、きちんと接着し直すため、まずは剥がせる限りすべて剥がします。
そして、接着剤のつきをよくするため、古い接着剤や汚れをヤスリなどを使って落とします。
綺麗にしたところで、強めの接着剤をよーく乾燥させて、再度接着し直します。
仕上げにソールの側面を表面のみ軽く削り、綺麗にしました!