スニーカーのかかとの内側

今回は、スニーカーのかかとの内側の修理です。

穴が開き、中の芯やスポンジまで見えてしまっています。

ビジネスシューズなどのかかとの内側(すべり革)の修理では、下の写真のように、破れた部分に上から革を貼り、もともとある履き口の縫い目に合わせて縫うことで補修します。
同じ縫い目で縫うので、内側も外側も、見た目の違和感はほとんど無く仕上がります。
ですが、今回のスニーカーのように、縫い目が表に見えないような縫製がされている場合、同じような方法で上から縫ってしまうと、新たに縫い目が出来てしまうことになり、見栄えがよくありません。
そこで今回は、通常より手間はかかりますが、縫い目の見えない仕上がりになるよう修理しました。
割れていた部分もすべてカバーし、きれいな履き口になりました!