クラークス・ワラビーのオールソール

Clarks(クラークス)の人気モデル・ワラビーの修理をご依頼して頂きました。

―Before

つま先・かかと共にだいぶすり減っています。

特につま先部分は、アッパーの部分までソールがすり減ってしまい、ミッドソールに施されていたマッケイ縫いも切れてしまっています。
ここまですり減ってしまうと、部分的な補修というのはなかなか難しいので、今回は全て新しくソールを交換することにしました。

オリジナルのソールには生ゴムの天然クレープソールが使用されていますが、生ゴムは独特のクッション性が得られるものの、長く履いていると汚れを吸着し汚くなってしまったり、べとつきが発生するなどのデメリットもあります。
こちらの靴も、もともとは黄色っぽい色だったと思うのですが、だいぶ真っ黒になっていますね。

今回のお客様のご要望は、「生ゴムはNG」、「できるだけ安く」、という二点でしたので、合成ゴムのクレープソールと軽量スポンジを使用しオールソールすることにしました。

―After

ミッドソールとウェッジの積み上げ部分は軽量スポンジを使用し、接地する部分は合成クレープソールを使用しました。
積み上げがスポンジになったので、生ゴムのソールに比べ軽量化しているはずです。
また、費用を抑えるため、ミッドソールとアッパーに縫いはかけていません。
接着が難しそうな素材であれば縫いも必要ですが、今回の場合はしっかりと接着できそうでしたので、お客様と相談のうえ、縫いの工程は省きました。

次回からは、合成クレープの部分のみの張り替えや補修であれば、もっと費用を抑えて修理できますし、アッパーへの負担も少なくてすみます。
ぜひともこれからまた定期的にメンテナンスして、長く履いていただければ嬉しいです。