カンペールをオールソール

CAMPER(カンペール)のPEUというモデルの靴の修理をご依頼して頂きました。

―Before

かかとの部分がすり減っており、ミッドソールまで少し削れてしまっています。
一見するとかかとの補修のみでもよさそうですが、底全体に縫いがかけられていることや、オリジナルのソールが劣化しやすい素材であることなどを考慮して、部分的な補修ではなく、ソールを全交換することにしました。


赤いソールを剥がして、縫い糸を取り除いた状態です。


薄めの革のミッドソールを貼り付け、アッパーと縫い合わせました。
すり減った部分も補修しています。

そして茶色の合成クレープを全体に貼り付け、完成です!

―After

今後ソールがすり減った時は、茶色の部分を補修したり張り替えていけば良いので、修理にかかる費用や期間が少なく済むようになります。
アッパーはまだまだ綺麗なので、定期的にメンテナンスしていただければ、まだまだ長くご愛用していただけると思います!