オーロラシューズのオールソールとベルト交換

オーロラシューズの修理をご依頼いただきました。
ソールのすり減りと、ベルト部分の修理のご相談です。
―Before
ソールは、つま先側もかかと側もわりと激しくすり減っていましたので、新しいソールに張り替えることにしました。(早めの対処であれば、かかとだけ、といった具合に費用を抑えた修理をすることも可能です。)
ベルトは、バックルを通す部分に負担がかかり、ちぎれてしまっていました。
ちぎれていたのは片足だけでしたが、近いうちにもう一方も同じようになる可能性も高いですし、見た目のバランスを考えて両方とも交換することにしました。
ちょうど、革の色や厚み、質感が良く似た革がありましたので、もとのベルトをもとに新しいベルトを作成しました。
ベルトの穴もオリジナルと同じ間隔で開けていきます。
―After

ソールは、今回のようにレディースで小さなサイズの場合には、オリジナルと同様のビブラムソールでは丁度良いサイズのものが無いので、ビルケンソールを使用し作成しています。
ヒールの部分は軽量スポンジで積み上げました

新しく交換したベルトも、なかなかいい感じに馴染んでいるのではないでしょうか。
ベルトに使用した革はオイルをたくさん含んだ革なので、使っていくうちに自然とツヤが出てきて、きっといい味を出していってくれると思います。
すでにもう長年履かれているとのことでしたが、これから更に何年も大事に履いていただけたら嬉しいです。