コンセプト

CUSTOM MADE SHOES(オーダーメイド靴)

​*コンセプト

戦後、現在の様に靴製造が機械化される前の日本では、誂え靴(あつらえくつ)が1足1足、靴職人達の手により作られていた時代があったそうです。

Antico Ciabattinoでは、そんな時代に遡ったかの様に、オリジナル木型をベースに職人が、1つ1つ丁寧に仕立てた貴方の為だけの「世界に1つだけの靴」をお作り致します。

先人達が残し、伝えてくれた伝統を受け継ぎながらも、クラシックに捉われ過ぎず、現代に合わせた素材や仕様、技術を積極的に取り入れ、伝統を守りつつ革新を積み重ねて行ける様に努めています。

一般的にオーダー、注文と言えば高価で敷居の高いイメージがあると思います。靴は歩行具であり実用品ですので、普段の生活で使用出来なければ意味がありません。

当店の「オーダーメイドシューズ」は、これまで靴を注文で誂えた事のない方に私達の靴を履いて頂きたいと考えている為、オーダーシステムを細分化し、適正価格で提供できる材料を国内、海外から選定し、品質を落とさず、コストパフォーマンスにも優れたオーダー靴をご提供出来ることになりました。

当店では、採寸のみ店頭で行い生産は外注というオーダーシステムではなく、職人が採寸から製造まで自店で一貫して行う本格的なオーダーメイド靴を製作しております。

ですので、納品後のアフターフォローや靴修理、メンテナンスなども責任を持って致します。

​*デザイン

カジュアルからフォーマルまで、スタンダードなスタイルを中心にシンプルで飽きのこないデザインの靴をお作りします。

これからも靴のスタンダードデザインとして伝わっていくと思われるスタイルですので、長く愛用して頂けると思います。

スタンダードではありますが、当店らしさを出したデザインパターンでお作りします。

​*製法

よく雑誌などでハンドソーンウェルテッド製法が至高の製法と書かれておりますが、実はそうとも言えません。

素晴らしい製法の1つということは間違いありませんが、デメリットも有り、至高、最高という訳ではありません。

その構造ゆえ、普段コンフォート系の靴を履いている方には重く感じ、馴染むまで屈曲性に劣る製法ですので、人によっては好まない方もお客様の中でも多くいらっしゃいます。

では何が最高の製法というと残念ながら全ての人にとって最高という製法はありません。

製法というのは底付けの種類に過ぎず、製法の違いでフィッテイングに大きな違いがある訳ではありません。

それよりも足に合わせた木型で良い品質の素材を使い正確な技術で靴を作りあげていくことの方がとても大切なのです。

全ての製法に一長一短ありますので、当店ではお客様の足の状態、要望などを伺い、最適な製法をご提案しております。

*各製法のメリット、デメリットはこちらでご確認ください。

​*革や靴資材

​国内、海外を中心に高品質な厳選した素材を使用してます。

​・甲革(アッパー):ビジネスからワークブーツなど靴のデザインに合わせた1.2㎜〜2㎜の革を取り揃えております。

・裏革(ライニング):甲革の厚みに合わせて、馬革、牛革の素上げの革を使用しています。

・ソール:vibramソールやオーソペディシューズでも使用されるドイツ製の軽量EVAなどイメージに合わせお選び頂けます。

・インソール:靴の中の湿気を吸収できる様、厚みのあるインソールレザーを使用。