すべり革の補修

今回は、20年以上も大事に履かれているという靴の修理です。

つま先の出し縫いが切れ、ソールがはがれ始めてしまっています。

 部分的に出し縫いをかけ直すことも可能ですが、ハーフラバーがまだ比較的新しいことと、ご予算を考慮して、今回は接着のみで対応させていただきました。
すべり革の部分は穴が開き、中のかかと芯が見えてきてしまっています。
芯が見えている内側は通常より少し長めに革を用意し、補修いたしました。
トップリフトも交換いたしました。
最後に全体を磨いて、完成です。
定期的にメンテナンスをすれば、まだまだ何年も履けそうですね!