かばんの根革修理

かばんの根革の修理をご依頼していただきました。
―Before
かばんの持ち手とかばん本体をつなぐ金具を取り付けるための、根革と呼ばれる部分の修理です。持ち手は負荷が強くかかる部分なので、どうしてもちぎれたりしがちな部分ではありますね。

ちぎれてしまった根革をもとに型紙をつくり、似た色の革で同じように作り直します。 革だけでは強度が十分ではないので、補強のテープを間に挟んでいます。

金具を間にいれて縫い直して完成です。
―After
当店では基本的には靴を専門に扱っていますが、かばんや小物の修理も承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください!