かかとの履き口の補修

今回は、靴のかかとの履き口部分の修理を紹介します。

↑特に右足のダメージがひどく、縦に割れ始めています。

 ↑こちらの靴は、かかとの部分のすべり革も破れ、中の芯が見えてしまっています。
靴のかかとは、脱ぎ履きするときにどうしても足との擦れが生じる部分なので、何度も脱ぎ履きをすることで、このようにだんだんと傷んでいってしまいます。
特に、靴ひもを結んだまま脱ぎ履きしたり、かかとの部分を踏んだり、指を使って足入れしたりしていると、靴の履き口にかかる負荷は大きくなります。
少し面倒ではあっても、脱ぎ履きの際には「靴ひもをほどく」「靴べらを使って足入れする」、ということをぜひとも習慣づけていただきたいです。
それだけでも、だいぶ靴が長持ちすると思います。
履き口の修理は、補修した感が極力出ないよう、似た色・質感の革を探し、元のデザインとなじむよう革をあてて補修します。
↑履き口の部分は、薄くすいてすべり革との間に挟みこんで縫っています。
 ↑すべり革もいっしょに補修しました。
それぞれの靴のデザインに合わせて、極力目立たないような方法を考えて補修していきます。